あんしん・正確・確実なケア

コンテンツ

症状について

うつ病で悩まれている方が増えています

気分が沈む、朝起きられない、食欲がなくなった、眠れない、楽しめない、死にたくなるといった症状は、すべてうつ病の典型的な症状です。これらの症状がしばらく続くようなら、うつ病を疑って病院を受診することをお勧めします。そのうつ病の中にもいくつか種類があるのをご存じでしょうか。「仮面うつ」・「産後うつ」・「退行期うつ」・「冬季うつ」などの種類があります。うつ病というと精神的な苦しさばかりが思い浮かばれるかもしれませんが、体に異変をきたしてしまう場合もあります。激しいめまいや体の痛みを感じる「仮面うつ」という症状もあります。他にも、産後のホルモンバランスの崩れから発症するのが「産後うつ」、定年などの環境や体力の衰えなどの変化がきっかけとなるのが「退行うつ」、冬の日照不足により脳内のセロトニンが減少して起こるのが「冬季うつ」があります。うつの種類が分かれば治療にも役に立ちます。

無理はしないさせないことが重要です

どの種類のうつ病でも、治療は投薬を中心としてカウンセリングなどを行うというのが一般的です。そして、一番重要なのにうつ病の患者さんにとって難しいのが、『ゆっくりと休養をとる』ということです。なぜなら、うつ病にかかりやすい人というのは真面目な頑張り屋さんが多いからです。ゆっくり休みなさいと言われてもすでに仕事は休んでいるし、一生懸命に治療して治さないといけないと思いがちなのです。では休養をとるコツとはなんでしょうか。一番簡単なのは疲れた心と体を休めるために、眠たくなくても横になるということです。風邪を引いた時と同じと考え、とにかく横になってしまうことです。病気なのですから寝ているのは当たり前くらいに考えて、眠たくなったら眠ってしまえばいいのです。睡眠は何よりも心身を癒してくれます。他にも自分を責めない、気の進まないことは無理をしないなどありますが、まずは横になりたっぷり睡眠をとることを意識してはいかがでしょうか。

うつ病のサインと症状について

人は悲しいことがあれば泣いたり、怒ったりしますが、その原因がなくなればその気持ちもなくなるものです。 しかし、うつ病の人は悲しいことや嬉しいことがあってもその気持ちの反応がなくいつもふさぎ込んでいるような状態なのです。 理由もなく落ち込んでいたり、物事に関心がなく何もしたくないという状態がずっと続くようであればその人はうつ病といえます。 うつ病がだんだんひどくなると日常生活を送ることが難しくなり仕事に行くことも出来なくなってしまいます。 うつ病かもしれないと一番に気づくことが出来るのは、家族のほうかもしれません。 症状の現れ方として心と体の両面から出てくる場合が多いのです。 気持ちがふさぎ込み、意欲がわかなくなってくると今度は体がいうことをきかなくなり起きられなくなってきます。 こうなってくると病院に行き診察をしたほうがいいのです。

主な原因と治療法について

うつ病は、生真面目で几帳面な人や仕事を頑張る人が多くかかりやすいといえます。また、気持ちが優しく、他人に気遣いが出来る人もうつ病になりやすいのです。 物事に真面目に取り組みすぎたり、周りの人たちに気を使いすぎてしまうためにそれが過度なストレスとなってしまうのです。 うつ病であると診断された場合には、薬の服用のほかに充分な休息をとることが大切となります。 仕事を休むことでストレスを感じてしまうこともありますが、まず会社を休むことと 家の仕事もしないことです。うつ病の薬を服用する場合には医師の指示に従うことです。薬の量を守るとともに良くなってきたからといって勝手に薬の服用をやめてはいけないのです。 少しずつ症状が改善してきた時には仕事に復帰することも可能かもしれませんが、まずは無理をしないことが大切です。

コンテンツ

  • 治療を早める

    子どももうつ病になることがあります。子どものうつ病は頭痛や腹痛といった症状が現れます。男子と女性によって症状が異なることもあります。子どものうつ病がひどくなる前に、早めに対処をしましょう。

  • 医師と共に

    食欲がない、睡眠が浅いなどはうつ病の可能性があります。うつ病は自分一人で解決をするのが難しい病気の為、医師に頼ることが一番です。病院へ行くと薬を処方してくれる為、しっかり服用しましょう。