ハートに優しい情報サイト

医師と共に

うつ病の症状について

うつ病の症状は人によって多少の違いはありますが、その多くが気力、食欲の低下、慢性的な睡眠不足などの症状を訴えます。うつ病は一度かかってしまうと自分一人で解決することは難しく、専門の医師のアドバイス投薬治療が最も効果をあらわします。 ですから、うつ病かなと思われるような、先に挙げた症状に身に覚えがあるという場合にはできるだけ早く、うつ病かどうか、医師の判断を聞いてみることをおすすめします。 うつ病は進行していくと日常生活にも支障をきたすほど体と精神に負担を与えてしまいます。というのも、うつ病の代表的な症状でもある睡眠不足、これがその他すべての症状を誘発し、状態を悪化させていくのです。 ですから、できることならこういった事態になる前に医師の診察などの何かしらの対策をとっておきたいものです。

うつの治療方法について

うつ病の治療は先にも述べたように投薬治療とカウンセリングなどを中心に行っていきます。薬で体の症状や精神的な落ち込みを抑え、カウンセリングで心理的なサポートをしていくのです。 うつ病は何も治らない病ではありません。もちろん、症状が重い場合にはそれなりの期間、治療に通う必要がありますが、ごくごく軽いうつであれば数か月程度の治療で完治が可能なのです。 一度うつ病にかかった人は再発しやすいという意見も中にはありますが、そこは医師との信頼関係、心理療法のあり方によってどのようにでも変わっていくので心配はいりません。 うつ病の治療は何よりもまず、早く治療を開始できるかどうかにかかっています。発見や診断が遅ければ遅いほど症状もより深刻化していくので、気になる人はできるだけ早急な医師への受診をおすすめします。