ハートに優しい情報サイト

治療を早める

子供のうつ病の原因と症状について

うつ病が大人にだけ起こるわけではなく、子供にも多くなってきているのです。 子供のうつ病とはどのようなものでしょうか。 うつ病というと気力がなくなり無関心になります。子供の場合もそういう症状があるのですが、大人とは少し症状の現れ方が違うのです。 うつであるということを訴えることができないために、その代わりに頭痛や腹痛がひどくなってしまいます。 女の子の場合は、ヒステリックになったり、男の子は暴力的になることもあります。 うつ病であると悟られるのがいやになり家に閉じこもりがちになるのも特徴となります。 発達障害もうつ病と関係があるのではないかと言われています。 発達障害のために幼児期に親から怒られることが多く、自尊心があまり育たないためにうつ病になりやすいといわれます。

治療法と生活で気をつけることとは

子供のうつ病が増えてきている傾向にあります。 対処が遅れると成人になってからうつ病になる可能性が高くなってしまうので早い時期の対策が大切となるのです。 また、子供のことを母親が悩んでしまうために母親もうつになる場合もあるのです。 子供のうつに関して家族だけで対応するのではなく地域で協力していくことも重要なのです。 うつ病だからといって子供に薬の服用はあまりすすめることはできないのです。 子供のうちから薬を服用してもその副作用についてはわからない点があるからです。 それよりも、環境を変えたり休養をとることで改善することが子供の場合は多いことがわかっているからです。 心理療法をすることでも改善することが出来ます。 子供自身が病院に行かなくても、親が医師に相談することでも改善することができます。それは、親の子供に対する接し方が変わることで子供のストレスを減らすことができるからです。