ハートに優しい情報サイト

自分のペースで

様々な治療方法があります。

うつ病とは精神疾患でストレスや環境の変化で起こるといわれています。最近では患者数は増加傾向にあり、特に女性に多いです。 男性であれば、昇進等により仕事がうまくいかなくなりうつ病を発症することがよくあります。 女性であれば、子育てに疲れて発症することがあるといわれています。 基本的な治療方法は薬物療法です。一番してはいけないことは治療を頑張っている方に「頑張れ」のような声をかけると、本人はできるだけ努力しているのに認められないと思い、うつ病症状が悪化するといわれています。 最近では新型うつ病というものもあり、若い方に多く応援の声かけが治療に有効であるという今までの常識と逆のものもあり、うつ病が複雑化してきています。

薬物療法以外での治療法

以前よりSSRIやSNRIといった薬物療法が行われていきました。 このような薬物療法でもうつ病はすぐに治りません。何か月も飲み続け徐々に効果が発揮されることが多いです。よって効かないと思い自分で勝手にやめてしまう方や、飲み忘れが問題視されています。 軽度の疾患ではないため、薬だけでの治療はほぼ不可能です。 そこで大切になってくるのが、周りの方のサポートです。うつ病治療が進むと少しだけ元気になります。 何もしたくなく、行動を起こさなかったものが、自殺しようと考えるようになるといわれています。 これを防ぐために周りの方がいつでも見守ることが必要です。 無理に気分転換として外出を強制すると逆効果になります。この場合外出したいと本人が言いだすまで見守ることが効果的だと言われています。